ホーム > タンナーコットン®とは?

タンナーコットン®とは?

レザーの艶やかさと布ならではの軽やかさを両立

1861年創業で、日本最古のタンナーといわれる大喜皮革株式会社(兵庫県・姫路市)。同社の皮革なめし職人が、一点一点手作業で仕上げた新素材布、それが「タンナーコットン®」です。

 

革なめしに伝わる独特の製法や匠の技を応用し、深みのある艶感や繊細な色むら、使い込むほどに味の出る本革のような「独特の風合い」を実現しました。

 

その見た目は、従来の布帛や合成皮革にない魅力的な表情を見せます。また、「軽くて」「丈夫で」「水に強い」「加工しやすい」など、布ならではの利点も持ち合わせています。

 

艶・軽・布・鞣――。150年の伝統を生かしながら視点を変え、これまでにない革新的な素材を生み出しました。レザーの上質感と布の機能性を併せ持つ、第3の素材としてご愛用ください。

素材を布に置き換えて、皮革の製造工程を応用

皮革なめし職人が仕上げた布、タンナーコットン®。従来の合皮や布と一線を画す新素材の、特長と製造工程をご紹介します。

>>タンナーコットン®の特長を見る

 革なめし職人(タンナー)が皮ではなく、布を“なめす”という画期的な新素材布「タンナーコットン®」。これまでの業界常識では考えられない取り組みを始めたのは危機感からだと、タンナーコットン開発者・大垣は語る。

>>インタビューの続きを読む

「TANNER COTTON®(タンナーコットン®)」は、製造・販売を担当する大喜皮革株式会社と、製造企画・マーケティング・PR・販売などを担当する株式会社アンドカンパニーの共同事業です。

>>詳しく読む

タンナーコットン®とは

TANNER COTTON®

タンナーコットン®とは、日本最古のタンナーである大喜皮革の皮革なめし職人が、一点一点手作業で加工を施した綿布。手仕事ならではの深みのある色合いや艶など、独特の質感を持つ新素材です。

 

※「TANNER COTTON®」は商標登録出願済みです。

NEWS

  2014.7.23~25

■展示会出展

JFW インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)に出展いたしました。

  2012.10.20

Q&A

タンナーコットンに関してよくいただくお問い合わせと、その回答を掲載しました。

  2012.10.19

開発者インタビュー

大喜皮革専務取締役・大垣幸久インタビューを掲載しました。

  2012.10.19

ラインナップ

タンナーコットンの最新ラインナップ6シリーズの詳細を掲載しました。

2012.08.10

メディア掲載情報

モノ情報誌『MonoMax』(宝島社)でタンナーコットンのご紹介をしていただきました。

2012.05.19

メディア掲載情報

教養バラエティ『世界一受けたい授業』(日テレ系)でタンナーコットンのご紹介をしていただきました。

2012.05.17

ラインナップ

ラインナップページに、開発中の新製品「タンナーコットン・エアリーニット」の画像を掲載しました。

2012.04.23

デザイナー様へ

デザイナー・企画のご担当者様向けに、タンナーコットンを使った製品のサンプル紹介ページを掲載しました。バッグや小物などの商品企画の参考にしていただければ幸いです。

2012.03.30

メディア掲載情報

テレビ東京系の報道番組『ワールドビジネスサテライト』内の新製品紹介コーナー「トレンドたまご」でご紹介いただきました。

2012.02.20

メディア掲載情報

繊研新聞でご紹介いただきました。

 

2012.02.15

■お知らせ

TANNER COTTON®公式サイトがOPENしました。

_

OEM/別注/販促/オーダー ノート・メモ帳 クロコラボ
タンナー(皮革なめし職人の)+コットン(綿布加工)=タンナーコットン